上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.03 「節分」
きょうは「節分」です。
「豆まき」は小さい頃、父が縁側に向かって投げる豆を子供たちが拾って食べるのが楽しくて楽しくて・・・
そんな小さな頃の思い出を思い出しながら行いました~♪

IMG_5110.jpg IMG_5111.jpg
鬼の面は、ちびうさが保育園で作ったもの。
かぶっているのは、yuki。
豆まきの風習を調べてみたら、
「炒った大豆を撒き、蒔かれた豆を、自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。豆を撒くことには、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。これは、中国から渡来して宮中で行われていた悪鬼・厄神払いの行事と、寺社が邪気払いに行った豆打ちの儀式が融合した物とも言われている。父親などがそれをかぶって鬼の役を演じて豆撒きを盛り上げる。」
とありました。
ちびうさにとっては、yukiが父親代わりだからね。

IMG_5112.jpg IMG_5116.jpg
「鬼は~、外!!」「福は~、内!!!」
豆まき楽しかったね~~~♪
歳の数だけ、豆を食べる。
ちびうさは、5歳だから5個しか食べられないと不服のよう(^^ゞ
yukiとわたしは、いっぱい食べなきゃいけないからビール片手につまみ代わりにつまんで食べて(笑)

その後、実家に行ってこちらでは新しい慣わしの「恵方巻き」を
みんなで北北西に向かって無言でかぶりついてみました。

・・・話には聞いていたけど、食べてる姿を見ていると笑える^^
習慣がないわたしたちは、それぞれが笑いのツボをくすぐられて思わず大笑い(^^ゞ
笑って、悪鬼・厄神払いができるのだから微笑ましい慣わしなのかもしれませんね~(*^。^*)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ohisamapokapoka.blog27.fc2.com/tb.php/282-3f0e04d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。