上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.08 □見直そう
昨日、こちらの地域はようやく1学期終了日となりました。
2学期制だからです。
今日から5日間、「秋休み」となりそれを経て2学期が始まります。
わたしのときは夏休みが終わると2学期。
なんだか馴れないものです。
1学期の終わりに給食があったり、普通授業だったり・・・
でもちゃんと終了式があり、あゆみも渡される。
児童も区切りがつかないんじゃないかな???

って事で、1学期給食最終日となりました。
最近思うこと。
長く語る事になりそうなので、興味がある方はどうぞ♪

メニューに関して・・・
最近のメニューに多く使われる食材として大豆ごまがあります。
特に大豆はいろんな料理にアレンジされ月のうち大半は使用します。
一口に大豆と言っても豆腐や味噌と言った食材にも含まれているわけで何故使われるのかを調べてみました。
現在の児童の健康状態というのは、骨がもろかったり肥満であったりあごが弱かったり・・・
どうしても動物性たんぱく質から摂取する過剰な栄養の取りすぎが懸念されています。
その中で、大豆に含まれる植物性たんぱくやビタミンB1やE、カルシウムや鉄分に注目が浴びているわけです。
詳しくはこちら
そしてごま
ビタミンB群やカルシウムなどが多く含まれ、成長期には必要な多くの栄養素が含まれています。
詳しくはこちら

しかし、この食材たち子供たちはあまり好きではありません。
大人の中でも嫌いな人たち多いと思います。
より食べやすく摂取できるようにと考えられたメニューなのですが
残念ながら、残食率は高いです。
給食の中だけでなく、家庭の食生活の中にも多く取り入れてくれると
子供たちの中でも身近な食材になるはずなのですが・・・

そして、思わぬ子供たちの健康状態の把握。
それは、夏休み明けに身体測定があったのですが確実にやせている事。
夏休み中の栄養不足です。
家にいると、必要な栄養が思うように取れない現実。
びっくりしました。
養護教諭に聞くと、毎年同じ現象になるそうです。
また、「子供たちは給食で栄養を取っている」と言う事。
もう少し成長期と言う大事な事を考えなければいけないのでは?
見直してもらいたい、昨今の食です。

そんな中で、ダイエットを密かにしているわたし・・・
ダイエット食の中でやはり注目は大豆ごま
本日の朝のメニューは、白飯・納豆・目玉焼き・梅ゴマふりかけ・鮭のハラス塩焼き・野菜ジュースでした。
健康を考える・・・・・仕事も家庭も身近な存在。

そうそうちびうさはと申しますと、納豆大好き、ゴマ大好き。
ちょっと栄養取りすぎな感じも見受けられます。
3食納豆ご飯は・・・・やめましょう(苦笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ohisamapokapoka.blog27.fc2.com/tb.php/6-e4a46bcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。